Merrill Corporation

Reports

APACリーグテーブル2019年11月

Merrill Corporation と Refinitivが、最新のアジア太平洋地域M&A情報と、月内トップのファイナンシャルアドバイザーのリストをお届けします。

ハイライト:

  • 2019年の最初の11ヶ月で、アジア太平洋と日本のM&Aアクティビティは、2014年以来最低の計9570億USドルとなり、昨年同期比26.9%下落しました。
  • 反対に、11月は1076億USドルが1,210のディールで取引され、2019年で最も強い月となりました。産業と不動産セクターを対象とするM&Aディールが、地域の市場占有率の各16.7%を占め、M&Aアクティビティを推進しています。

最新のアジア太平洋地域リーグテーブルを下からダウンロードしてください。